thinx_fit

to enrich your life...

ソイプロテインの特徴やメリットは?

f:id:ihs04-ust-12a:20190303233757j:plain

 

 

ホエイプロテインの特徴や
なぜ広く一般的にに選ばれているかというのは
前回のブログでご紹介しましたが
今度はホエイプロテインの次に人気であろう
植物性タンパク質のソイプロテインについて
いろいろとご紹介していきたいと思います。

 

まずソイプロテインってなに?

ソイプロテインとはなんなのかというところですが
ソイプロテインのソイとは=大豆のことになり
大豆から大豆油を取り除いた脱脂大豆から水溶性の非タンパク質を取り除き
さらにここから炭水化物を取り除いて沈殿させて乾燥させたモノが
現在一般的に普及しているソイプロテイン(SPI)になります。

ベジタリアンの方やヴィーガンの方には
こういった植物性タンパク質のプロテインがおすすめになります。

 

ソイプロテインの特徴は?

ではソイプロテインのメリットはどういった部分なのでしょうか?

もちろんソイプロテインのメリットとしてはいくつかあるのですが
そのソイプロテインを摂取することでの特徴や効果に関して
書き出していきたいと思います。

 

大豆イソフラボンを摂取できる

やはり原料が大豆ということで大豆イソフラボンを摂取できるという特徴があります。

こちらの大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た効果を得られるので
女性にはとてもおすすめのプロテインになります。

このイソフラボンの具体的な効果などに関しては
今後いろいろと書いていこうと思いますが

大豆イソフラボンを含んでいるといっても
基本的にはこのイソフラボンが少なくなるように精製されていますが
ソイプロテイン1杯で約30mg程度含んでいるといわれています。

イソフラボンの1日あたり上限値が70mg~75mgなので
あまりガバガバとソイプロテインを摂取することはおすすめできません。

特に日本人ですと納豆や豆腐、お味噌汁などからもイソフラボンを摂取しているので
そういった食品を摂取しない場合以外は
1日あたりソイプロテインを1杯程度に抑える事が必要になってくるでしょう。

 

 

腹持ちが良いためダイエット向き!! 

まずソイプロテインの特徴として消化吸収が4時間~6時間と
ホエイプロテインと比較してゆっくりと吸収される為
ちょっとした間食や置き換えダイエットには向いている傾向にあります!

ただし、吸収が遅いという部分ではトレーニング直後などのすぐに栄養が欲しいときにはあまり向いていない傾向にあります。

逆に消化吸収が遅い分ゆっくり吸収されるため
就寝中など長時間にわたって栄養補給ができない場合などにはおすすめです。

 

体脂肪の減少

そしてありがたい効果として体脂肪の減少という効果もあります。

こちらは人間ではなくマウスを対象にした実験ですが
肥満マウスに動物性タンパク質であるカゼインと大豆タンパク質を与えたところ
大豆タンパク質を与えたチームの方が体脂肪の減少が多きくなっているという結果が出ています。

腹持ち効果と合わせてダイエットをされる方には
とてもおすすめのプロテインになります。

 

まとめ

女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つ
大豆イソフラボンを摂取できることや
腹持ちがよくダイエット向きである点、体脂肪の減少などダイエットをしている女性には非常に向いているプロテイン(サプリメント)になります。

しかし、逆に言うとデメリットにも繋がってきますので
ケースバイケースでの使用が必要になってくるでしょう!

ソイプロテインとは異なる特徴を持つホエイプロテインとの併用などで
お互いのデメリットをカバーすることが理想的かもしれません!

 

 

 

 

この記事がいいなと思ったらバランキングバナーをポチッとしていただくか
読者になっていただけると
やる気が上がりますのでぜひぜひよろしくお願いします(^-^)

 

人気ブログランキングへ