thinx_fit

ダイエットや筋トレなどの情報シェアブログ

ジムでの疑問 フリーウェイト VS マシントレーニング

f:id:ihs04-ust-12a:20190422023517j:plain

   

ジムに通い出したはいいけど、筋トレをするのはダンベルやバーベルを使ったフリーフェイトトレーニングをおこなうのと、マシンを使用したトレーニングをおこなうのではどちらがいいのか迷ったことはありませんか?

僕も最初はどちらがいいのかどういったメリットがあるかなど全くわからないままトレーニングをしていましたので、今回はフリーウェイトとマシントレーニングについて書いてきます!

よかったら今回も最後までお付き合いください!

フリーウェイトとマシントレーニングぶっちゃけどっちがいいの!?!?

結局コレが一番知りたい部分だと思いますが、結果としてはどちらもメリットとデメリットがある!という答えになります!

結局どっちもやれって事なの!?と思うかもしれませんが、それはトレーニング自体の熟練度や求めている内容によっても異なるので、どちらもやった方が良くて片方だけでも問題ないかもしれません。

   

 

フリーウェイトのメリット

f:id:ihs04-ust-12a:20190422083351j:plain

フリーウェイトのメリットとしてはまずなによりも自由な軌道を描けるという部分になると思います。

人の身体はそれぞれ異なりますし、いろいろな角度でトレーニングをおこなうことで自分に合ったやり方や軌道が見えてくるのもフリーウェイトのメリットになると思います!

また、身体が固定されていないため、体幹など単一の筋肉だけでなく他の筋肉にも刺激を与えることができます!
ちなみにこれはメリットでありデメリットでもあるのですが、その点に関しては事項で書いていきたいと思います。

 

フリーウェイトのデメリット

フリーウェイトのデメリットとしてはなによりも身体が固定されず、自分の軌道でおこなうため、狙った筋肉に刺激を入れることが難しくなります。

もちろんその部位に100%刺激が入らないというわけではないのですが、最初の内はどうしても正しいフォームが固定されず、本来刺激が入らなくてはならない部位から外れて刺激が入ってしまうこともよくあります。

軌道が固定されないから自由にできる反面、固定できていないフォームだと難易度が上がり思ってもみなかったところが筋肉痛になったり、ケガをする可能性も増えたりします。

また、適正な重量でおこなわない場合、ダンベルやバーベルなどを落としてケガをする事もあるので注意が必要になります。

   

 

マシントレーニングのメリット

f:id:ihs04-ust-12a:20190422083318j:plain

マシントレーニングのメリットとしては狙った部位が効率よく鍛えられる部分になります。

まずトレーニングマシンを使用する場合だいたいシートに腰掛けるタイプなどが多く、上半身や下半身が固定できるため、狙った部位にしっかりと刺激を入れること容易にできます。

また、軌道が安定しているため、トレーニング初期の段階では正しいフォームを学ぶにもかなり役立つと思いますし、ダンベルを落としたりすることもないので安全にトレーニングできるのもメリットになってきます。

 

マシントレーニングのデメリット

 逆にマシントレーニングのデメリットとしては身体を固定しておこなうため、単一の動きになりやすく狙った部位以外の筋肉が動きづらい点にあります。

フリーウェイトの場合自分で身体を固定しなくてはならないので、体幹などのインナーマッスルを鍛えることにも繋がってきますが、マシントレーニングではなかなかそういった部分までは鍛えることが難しくなってきます。

また、重量に限界があるというのもデメリットになってきます。

レーニング上級者になればなるほどマシントレーニングのみで鍛えることが難しくなってくると思います。

 

フリーウェイトとマシントレーニングはミックスして1つのトレーニングにしよう!

ここまでお互いのメリットとデメリットを書いてきましたが、結局のところどうしたらいいの!?!?

と思った方もいらっしゃると思いますが、結局最初に書いたようにどちらにもメリットとデメリットがあるため『どっちもやりましょう!!』ということになります!

 

レーニング初心者はまずマシンからスタート!!

レーニング初心者はまず安全に扱えるマシントレーニングである程度トレーニング動作の軌道と筋力を鍛えてからフリーウェイトをおこなうことで、ダンベルやバーベルを使用したトレーニングであっても安全におこなうことができるでしょう!

マシン⇒フリーウェイトの順番の方がケガの心配も少なくなりますし、重量もこまめに変えることができるので、自分の限界を把握しやすくもなると思います。

 

レーニング中級者以上はフリーウェイト中心で!!

レーニング中級者や上級者の場合はフリーウェイトで高負荷を掛けておいてからマシントレーンイングで集中的に刺激を入れることで、狙った部位に効率よく刺激を与えることができると思います!

ウォーミングアップのためにマシンからという方もいると思うので、『絶対この順番にしなければならない!』というわけではないですが、基本的にはフリーウェイト⇒マシンの順番の方が効率的でしょう!

もちろん上級者になればフリーウェイトのみでトレーニングを完結することもありますし、狙った部位だけ刺激を入れたい場合マシンのみでおこなうこともあるので、この限りではないですが、基本的にはこの考え方で問題ありません。

 

まとめ

フリーウェイトであってもマシントレーニングであってもそれぞれにメリットやデメリットがあるため、それぞれ自分に合ったトレーニング方法を選択することが大事になってきます。

そうすることで鍛えたい筋肉にしっかりとした刺激を入れることができ、効率よくトレーニングをおこなうことができるでしょう!

また、マシントレーニングであっても工夫次第でフリーウェイトよりも効率よく鍛えることができるので、実際にいろいろな使い方を試してみるのもトレーニングをマンネリ化させないコツだと思います!!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事がいいなと思ったら☆をポチッとしていただくか
読者になっていただけると
モチベーションが上がりますのでぜひぜひよろしくお願いします(^-^)

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ