thinx_fit

ダイエットや筋トレなどの情報シェアブログ

ストレスホルモン『コルチゾール』とは?

f:id:ihs04-ust-12a:20190510005132j:plain

   

人がストレスを感じたときに放出されるコルチゾールという名前のホルモンを聞いたことがあるでしょうか?

実はトレーニングにもダイエットにも関係しているコルチゾールについてシェアしていきたいと思います。

ぜひトレーニングメニューの組み立てやダイエットに活かしていただければと思いますので、良かったら今回も最後までお付き合いください!

コルチゾールとは?

コルチゾールとは先程も書いたように、ヒトがストレスを感じたときに腎臓の上にある副腎皮質から分泌されるホルモンになります。

ストレスを受けたときに分泌されるホルモンのことから『ストレスホルモン』とも呼ばれています。

 

コルチゾールの役割

ストレスを感じたときに分泌されるホルモンと聞くとあまり良いイメージはわかないかもしれませんが、実は身体にとっては欠かせないホルモンになります。

主な役割としては

  • 肝臓での糖新生(血糖値の維持)
  • 免疫緩和(炎症の抑制や緩和・アレルギーを抑える)
  • 体内時計機能

などがあります。

ストレスを感じたときに身体に掛かる負担を減らしてくれる効果もある事から、欠かせないホルモンと言われているのです。

   

コルチゾールが筋トレのときに分泌される原理は?

生体に欠かせないホルモン『コルチゾール』ですが、筋トレをしているときはどういった場合に分泌されているのでしょう?

例えば胸と肩と腕のトレーニングをおこなっていたとします。するとどうしても長時間にわたって筋トレをすることになってしまい、身体には負担が常に掛かっている状態になります。

つまり身体にとっては常にストレスを感じている状態になるわけです。

すると身体は長時間のストレスに反応してストレスホルモンであるコルチゾールを分泌させてしまうという仕組みになります。

 

コルチゾールは筋肉を分解する

長時間筋トレをすることでコルチゾールが分泌される仕組みはわかったかと思いますが、実はこのコルチゾールは生体にとっては欠かせない機能を持つ一方で筋肉を分解してしまうというデメリットも持ち合わせているのです!

筋トレの最中は筋肉の破壊と合成が激しくおこなわれていますが、長時間のトレーニングによりコルチゾールレベルが高い状態になると筋肉の分解スピードが速まり、せっかくトレーニングをしているのに最大限の効果を得られない結果になってしまうのです。

   

コルチゾールを分泌させなくするには?

コルチゾールが分泌してしまう事で筋肉が分解されてしまうのであれば、分泌させないようにトレーニングすればいいのです。

その分泌させない方法は

短時間でトレーニングをおこなう

事になります。

短時間でトレーニングをおこなうことで長時間身体がストレスを感じることもないのでコルチゾールは発生しにくく、成長ホルモンであるテストステロンはしっかりと分泌してくれるので、筋肉の合成を促すことができます。

 

具体的なトレーニング時間としてはおおよそ60分以内に抑える事をおすすめします。

 

まとめ

ヒトが生きていく上で欠かせないホルモン『コルチゾール』ですが、筋トレにとっては逆に筋肉を分解してしまうというデメリットがあります。

コルチゾールを分泌させないためには60分以内の筋トレがおすすめなので、トレーニングをおこなう部位を絞って、短時間で効率よくトレーニングをおこなうことを心掛けましょう!!

 

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事がいいなと思ったり参考になったと思ったりしたら☆をポチッとしていただくか
読者になっていただけると
モチベーションが上がりますのでぜひぜひよろしくお願いします(^-^)

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ